教育資金で1日で100万円消えた&私が体験した生命保険のお話。

Pocket

貯めるのには物凄く、時間のかかる教育資金。

息子が生まれて加入した学資保険は満期が300万円、利息が60万ほどつきました。そんな300万円を貯めるのに18年もかかったと言うのに大学に入れば、あっという間に消えていきます。

 

今日は息子の前期の大学資金70万円。娘の予備校の年払い+毎月の引き落としで25万円。娘の高校の引き落とし分で、教育資金引き落とし口座に100万円振り込みをしました。

 

我が家はサラリーマン家計です。

目先のお金の管理よりも、長期戦でお金の管理をしないと、とても高額な教育資金を捻出できる家計をつくることができません。

 

教育費を貯めるコツとしては、まずは保険の見直しから入るといいと思います。

よく見るブロガーさんで元保険会社勤務の方のブログを読んで保険会社のからくりと言う物がのっていました。

保険会社の勧める死亡保険は営業を通す保険会社の死亡保険は保険料のうち、7割が会社の儲けで、7割の儲けのうち、営業5割、会社本体2割だというのです。

つまり、ほとんどが捨ててしまうお金だと言う事なのです。

 

私は保管会社のからくりの知識なんて全くありませんが、結婚と同時に決めた保険は、会社の団体グループ保険・学資保険・個人年金保険・その他の掛け捨て保険で、保険の補償を自分が希望するところまで補償を付け、保険金を抑えています。

 

詳しい保険の内訳は➡「保険の見直ししていますか?会社の定期保険の支払配当金は91520円」へ
スポンサーリンク



 

なぜ、こういったことができたのかと言いますと、OL時代のお仕事のおかげなのね。

OL時代は総務課に在籍していたのですが、総務課は会社の雑用を本当にやらされる部署なの。その雑用の中で、グルーブ保険や自動車保険、火災保険の勧誘のパンプレットを配布するお仕事があるの。このお仕事、意外と面倒なのね。

なぜ、面倒かと言いますと保険の内容を質問をやたらされるの・・・・

 

配布するのが私なので、必然と質問が私にくるの。なので、保険の内容をパンフレットを見て答えるのだけど、グループ保険のパンプレットは意外と大まかにしか書かれていないので、保険会社に問い合わせとかもしたりしていました。

 

特に保険の知識なんてなかったのですが、8年間格安なグループ保険の内容を見まくっていたため、結婚した時に、主人側の親戚で保険会社に勤めていた営業の方に色々と保険を見せられても、あまりのコスパの悪さで、生命保険はすべて断ってしまったの。

 

後日、めげない親戚の方が持ってきた保険が個人年金保険で、それはもうね、とってもお得なのでその場で加入したのね。

 

団体グループ保険は本当に良いのよね、今年の返金された支払配当金は100800円でした。本当に、このお得感はないと思います。

配当金は、その年によって決まりますが、そうそう、人って亡くならないものなのね、一度だけ2万円の時がありましたが、ほとんど最低でも7万円は戻ってきます。

 

まずは、ご主人の会社で団体グループ保険がありましたら、パンプレットの内容をよく読むこと、団体グループ保険も各種内容が違います。生命保険型、入院型、年金型、レジャー型、子供型・・・などなど。

 

一般の生命保険をやっているのならば思い切って保険をかえてしまうのもいいと思います、お金を貯めるのに有効な手段になります。

 

選び方・比較し方は、必要だと思う保険を同じ内容条件で、払い込み金額を色々と出していきますとかなり、グループ保険の中でも自分のあった物を選ぶことができます。

 

また、一年ごとに増やしたり、減らしたりできます。その辺も便利です^^

 

例えば、我が家の今年の見直しですることは、息子が自動車免許を取りますので、交通事故による入院保険内容がいいところと、自動車保険を1台全年齢に切り替えをします。あと、主人が50歳の大台になりましたので、保険料をチエックします。

 

自動車保険の切り替えは、勿論保険料がやすい、軽自動車のほうを全年齢にします。あとは、9月が保険の勧誘時期ですのでその時に入院保険だけのグループ保険に入る予定でいます。

 

ところで、団体グループ保険って、会社勤めの方しか加入できないと思っていませんか?実は、そうでもない?・・・・と言うお話をしますね。

 

主人の親戚の保険の営業をしている方がまた、後日、保険を持って訪ねてきたの、保険の内容を見ると・・・あれれ?なんか見たことあるよな~とおもって考えてみると、主人の会社の団体グループ保険の扱い会社と親戚の保険会社が同じなのよね。

「この保険、会社で入っている団体グループ保険の内容と全く同じですよ。」と、言ったら、「そうなの?同じの入ってるの?じゃ、仕方がないわね、この保険、本当にお得よね^^」と。

 

その時に思ったのだけど、保険会社には、個人でも、団体グループ保険と同じ内容の保険があって、会社勤めでなくても加入できるものがある。営業の人はあるとわかっていても、絶対に勧めない保険が存在している。

 

その保険を知る方法として

 

生保の営業の方に保険をすすめられた場合は掛け捨てタイプの生命保険を扱っているを一度聞いてみてもいいかもしれません。

保険の毎月支払える予算を、低額で相談するのも、保険会社が扱っているお得な掛け捨て保険を知ることにつながるのかもしれません。

 

保険の見直しは早めにやって、お金を無駄なく貯めるのに一番早いと思います。
本日もお読みくださりありがとうございました。
また、よろしければ遊びに来てくださいね^^



スポ ンサーリンク







ブログランキングに参加しています。
カボチャ↓をポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
学ぶ節約術のお話➡にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
お金のお話がいっぱいです⇒にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
1・通信教育のポピーで教育資金を1000万円貯める!
2・ブログで稼ぐ方法!A8netでお金を生み出そう!
3・赤本・参考書・教科書・ノート・塾の問題集買い取りしてくれます!
4・子供部屋の断捨離!ディズニーグッズを売ってお金を稼ごう!
5・子供部屋の断捨離!古いゲーム機を売ってお金を稼ごう!
・ヤフオク生活11年*ヤフオクのあんしん補償とは?

生活情報の場*トラコミュに参加しています!
子育て関係なんでもOK
住まいと暮らし

料理&お菓子&パン@手作り
手作りおうちごはん
主婦のつぶやき&節約&家事etc…

日常の小さなできごとを愛する生活
インテリア雑貨・家具・アンティーク