住宅ローン全額返済&6000万円貯めないとお仕事がやめられない!

娘が、学校で・・・・

「先生がね、あと14年働いて住宅ローンを終わらせて、

3000万円貯めたら、お仕事をやめて家に入る予定だったけど、

年金支給が75歳と言う話がでてきているから、6000万円まで貯めるまでやめられない!

あなた達の時代は年金支給が80歳くらいになるかも・・・・。」と・・・・

 

それを聞いた娘は、

「私たちには未来がない、子供もいらない。」という。

 

学校で何気に先生が遠い未来の話をしてくれるのだが

「明るい未来」よりも「暗い未来」を話してくれる。

 

娘の学校で一番人気の職業は「公務員」だという。

 

公務員になるために、必死に勉強しているのに・・・

 

現役の公務員の言葉は、

こんなに必死に勉強しても、公務員になっても、ひたすら働き続けないといけないとは!

しかも、夫婦で公務員なのに・・・・

一番身近な先生の現実的な話は、将来の希望職もこんなものなのか‥と思う。

 

子供たちに明るい未来を・・・・と願う大人が

子供たちの明るい未来を奪っているのだから。

 

ところで、先生が目標を6000万円と決めているようですが

いったい、定年前に6000万円も貯めることができる人はそんなにいるとは思えない。

 

こういったことが、さらりと言えるのは

やはり安定した「公務員なのだからだと思う。」

 

娘がその後、私に言った言葉は

「私ね、お母さんが言っていた将来ミニマリストになろうと思う、お金がかからないから生きていけるし・・・」

 

私は掃除が苦手だからミニマリストをお勧めしたけれど、

娘が着目したのは「お金のほうなんだ」と。

 

私たち世代は「お金を使うのにあまりためらいがない。」

なので、多少お金がかかっても、進学塾、大学にと教育資金をかける。

それが、当たり前だと思うから、子供の為に親がやってあげれることはしたいと思う。

 

そうやって、お金をかけられた側は、

「子供を産むと、こんなにお金がかかるのだ、自分が生きて行くのに大変なのに、子供なんていらない」

そう、思うみたいだ。

 

自分は子供にとてもお金をかけてあげれないと思うみたいで・・・

 

え~~~~~~~~~~~~~~。と思ってしまった。

 

何気にしていることが子供たちを追い込んでいるのだと思った。

 

これって・・・・やばいでしょ?

 

「物はいらない」「子供はいらない」若者が急増中な世の中なのだ!

 

多分、我が家位の家庭の子が特に思うのでは?

ギリギリ、お金をかけてもらえる家庭の子が親の苦労を見ているからね。

 

貪欲にたくましく育つのか、無欲につつましく育つのか

子供の性格にもよると思うが・・・・

 

わが家の子供たちは、草食系・・・・。

無欲でつつましい、受け身型なのだ。

 

草食系の子供たちがますます増え続けて行けば

いったい、日本はどうなってしまうのかな。

 

草食系の気が弱い子供たちが安心できる世の中を作ることが

未来の日本を変えていく、一番の近道かな・・・?

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

また、よろしければ遊びに来てくださいね^^

 

スポ ンサーリンク







 

ブログランキングに参加しています。
カボチャ↓をポチしてくれると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

学ぶ節約術のお話➡にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

お金のお話がいっぱいです⇒にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




1・通信教育のポピーで教育資金を1000万円貯める!

2・ブログで稼ぐ方法!A8netでお金を生み出そう!

3・赤本・参考書・教科書・ノート・塾の問題集買い取りしてくれます!

4・子供部屋の断捨離!ディズニーグッズを売ってお金を稼ごう!

5・子供部屋の断捨離!古いゲーム機を売ってお金を稼ごう!

・ヤフオク生活11年*ヤフオクのあんしん補償とは?